BLOGブログ
BLOG

[立川美容院] 髪を早く乾かす方法!

2018/07/20

立川美容室 プリクーズから髪を早く乾かす方法をご紹介!

夏の暑い時期は、ドライヤーをかけるのが特にめんどくさくなる時期ですよね。

ただ髪を乾かさない事によるデメリットは沢山あります。
切れ毛や枝毛の原因になってしまったり、頭皮環境が悪化してしまい臭いの原因にも…

なので今回は髪を普段よりも早く乾かす方法をいくつかご紹介します!

 

洗面所では乾かさない


洗面所周りはどうしても湿度が高くなっているので、乾きが悪くなってしまいます。
お風呂あがりにそのまま乾かす方も多いと思いますが、家の中でも比較的湿度の低いリビングや寝室で乾かしてあげると乾きは早くなります。


タオルを2枚使う


濡れたタオルでいくら拭いてもなかなか乾いてくれません。
バスタオルで全体の水気を取ったら、その後2枚目のタオルでもう一度拭いて上げてください。


ティッシュ・キッチンペーパーを使う


タオルドライした後にティッシュやキッチンペーパーで髪を挟むようにして水気をとってください。
ティッシュやキッチンペーパーはタオルよりも繊維が細かいので、タオルで取りきれなかった水分も除去してくれます。
あるのであればキッチンペーパーの方が扱いやすいのでオススメです。



乾いたタオルをかぶる


乾いたタオルを被りながらドライヤーをかける事で、タオルの中がサウナの様な状態になり乾きが良くなります。
コツとしては外側と内側両方から風を当ててください。
ただあまり厚手のタオルだと空気が循環しなくなってしまうので薄いタオルがベストです!
 

まとめ


いかがだったでしょうか?
全てをやらなくても1つ始めるだけでも効果はあります!

出来そうなところから試してみてください。


他にもドライヤーを風量の強いものに替えたり、マイクロファイバーのタオルを使うなど。

少しお金はかかってしまいますが効果的です!
余裕がある方は試してみてもいいかもしれません。

 

暑いからといってケアを怠ると、夏を過ぎた後の髪の毛がボロボロになってしまいます。

夏のダメージは冬のダメージとは違い紫外線等によるものが大きく、カラーの褪色等に大きく影響してきます。

もちろん直接的なダメージもあり、枝毛や切れ毛に繋がる事もあります。

紫外線から守るために、クリーム、スプレー等のヘアケア商品を使ってあげる事も大切です。

髪の毛のケアも工夫しながら暑い夏を乗り切っていきましょう!

立川 美容院 plecooze